転職で有利になるTOEIC高スコア

最近の転職において、英語力があることが有利になる企業を多く見かけます。外資系の企業においては、日常会話レベルの英会話はもちろん、英語力を裏付けるTOEICスコアが必要とされる場合を多く見かけます。英語力がなぜ転職に有利であるかといえば、採用条件に初めからTOEIC◯◯点以上という条件が盛り込まれている場合にも応募できるということの他に、高スコア実績があることで採用時の賃金が上がるという好条件に恵まれる可能性があるからです。外資系の企業でなくとも、取引先に海外企業などが含まれる企業においては「目に見える形で英語力がある高スコア所持者」は重宝させる事と思われます。最近では忙しく時間の無い社会人でも効率的にTOEIC高スコアを狙える参考書も多く出版されていますので、スキルアップの為に勉強を始めるのは大いに有意義になるでしょう。

実際のTOEICの有用性

TOEICは日本では英語が実際に使えるであろう能力テストとして有名ですが、やはり実際に英語で仕事ができるかどうかというのは、TOEICでさえも計りきれない事実だと思います。TOEICは基礎的な英語力には対応しているでしょうが、日本語に置き換えて考えてみて下さい。沖縄の人と東北の人が話す日本語には違いがありますよね。しかもだいぶ大きな違いで、会話がこんなんになると言われています。このように、日本国内でも大きな違いがあるのに、英語と言えば、世界で最も話す人の多い言語です。しかもアメリカ・イギリスを始め、国を超えて英語を公用語にしている国々がたくさんあります。そのような人々がまったく同じように英語のアクセントを発音し、まったく同じような単語しか使わないというのはあり得ない事です。仕事で英語を使うのであれば、実際に現地に行って、仕事より先に現地の実地英語に学ぶ方がよっぽど有効ではないかと思います。

初のTOEIC試験の感想

私は去年、TOEIC試験に初めて挑戦しました。自己のスキルアップのための試験だったので特にスコアなどは特に気にせず試験に挑みました。まずは指定された試験会場へ行きます。この指定されている試験会場は毎年同じ試験会場なので、次行くときも同じ試験会場になりますので覚えておくといいでしょう。そして受験番号ごとにクラスがわかれていて自分の席を探し着席するのですが、早い人だと問題用紙の氏名などを記入する欄をうめて既に予習に取り掛かっています。試験の順番はリスニングのあとライティングですが、リスニングの記入方法を説明するテープが流れている間に、リスニング問題のイラストをざっと見ておくことがリスニングのスコアアップにつながるそうです。名前を先に書いておくとも、リスニングの問題方式を知っている人も、1回受験した人でなければわからないことですが、こういった試験攻略法はまだまだありそうです。TOEIC試験は場慣れしていればしているほど有利で、試験の流れも把握しているだけでスコアアップできる可能性が高いです。